HISTORY

ヒューマノイドロボットの開発を始めとしたロボティクス技術や航空機事業など、
新しい事業分野においても積極的な展開を行っております。

1987

川田工業(株)
航空事業部開設

国産パーソナルヘリコプタの開発・製造・販売を
目指す。ロボティクス事業の技術的原点

1999

ヒューマノイドロボット
受託製作

東京大学からの委託によりヒューマノイドロボットH6を設計・
製作。ロボティクス事業を始めるきっかけとなる

2001

isamu発表

培ってきた技術で初めて自社開発したヒト型
ロボット

2002

HRP-2プロメテ発表
国内外の研究機関にプラット
フォームとして提供開始

経済産業省「人間協調・共存型ロボットシステムの研究
開発」プロジェクトの最終成果機

2005

「愛・地球博」で恐竜型
二足歩行ロボットを展示

様々なロボットと触れ合える「ロボットステーション」
にて万博の全期間を通じてデモンストレーションを実
施。ロボットは産業技術総合研究所、新エネルギー・産
業技術総合開発機構(NEDO)からの委託を受けて設計・製作

2007

HRP-3プロメテMk-II発表

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による
「実環境で働く人間型ロボット基盤技術の研究開発」プ
ロジェクトの最終成果機

2009

HIRO発表

研究用上体ヒューマノイドロボットプラットフォーム

「2009国際ロボット展」
でNEXTAGE発表

人との共存をコンセプトとした双腕型産
業用ロボット
ロボット展の開会式ではテープカットを
務めた

2010

HRP-4発表

「スリム・アスリート」のコンセプトをデザイン設計に
組み込んだ研究開発用プラットフォーム
産業技術総合研究所と共同で開発

(一社)日本機械学会ロボティクス・
メカトロニクス部門「部門技術業績
賞」受賞

NEXTAGEの開発により川田工業(株)が受賞

2012

第5回ロボット大賞
「次世代産業特別賞」受賞

NEXTAGEによるフレキシブルな自動組立ライン
の実現によりグローリー株式会社様と共同で受賞

ロボティクス事業部へ
改称

2013

カワダロボティクス
株式会社設立

川田工業(株)ロボティクス事業部から事業開発・技術開発部門がスピンオフ

NEXTAGE OPEN発表

作業性の高いボディに拡張性の高いオープンなソフトウェア環境を持つ、最先端の研究用途に最適なプラットフォーム

NEXTAGEが
「グッドデザイン金賞」受賞

変種変量生産の製造現場における効率化という課題に対して、
ヒト型ロボットという視点からアプローチしたことが評価さ
れ受賞

2015

新生カワダロボティクス誕生

川田工業(株)ロボティクス事業部のロボッ、
ト製造・販売事業を承継
ロボットの開発から生産・販売までを手がける新生カワダロボティクスが誕生

2017

HRP-2プロメテが国立科学博物館
「重要科学技術史資料
(通称: 未来技術遺産)」に登録

カワダロボティクスが経済産業省
「地域未来牽引企業」に選定

2018

本社移転

本社を東京都台東区へ移転

NEXTAGE(NXAシリーズ)
リリース

ペイロード向上、スピード向上、ビジョン高速
化など基本機能の向上により用途拡大へ

RTミドルウェア普及貢献賞受賞

2019

シテ科学博物館でHRP-2常設展示

NEXTAGEが機能安全に対応

NEXTAGEが、産業用ロボットの機能安全に関する
第三者認証を取得